歯医者…妄想。


昨年から…いやもっと前から続けている歯医者に本日も行ってきました。

歯医者嫌いの俺がよくもまぁ痛くもないのに通う事が出来るなぁと我ながら感心してます。

とにかくここの歯医者いつ行っても暇で待つ事すらないんです。

これで経営が成り立つのかいつも気になっているが余計なお世話だと言われちゃいそーですが。

ただここの先生はもっぱら腕がいいのか上手いんです。

いろんな歯医者のブラックリストに載る俺様が言うのだから間違いない。

腕がいいのか調子がいいのか定かでないが…

なんか裏切れないんです(笑)

当たり前なのですが俺みたいな歯医者通いの玄人にはこの継続こそ出来ない空気にする歯医者がもっとも駄目な歯医者として歯医者偏差値を付けているのです。

その勝手に付けている歯医者偏差値の低いとこにもある意味メリットもあるのです。

そーゆーとここそ白衣の天使なる生物が存在してる訳です。

中にはそれ目当てにくる歯医者通い素人もいる訳なので玄人の目から見るとまだまだ青いな…と思うのです。

白衣の天使はあくまでも冷たいものです。いやむしろ冷たくなければ白衣の天使にはなれません。

お客様に妄想させる技術こそ持つ事が白衣の天使のプロとして認定されると言う訳です。

『治療中に目をつぶり妄想させる』

これこそが歯医者の究極の裏マニュアルなのです。

患者はあくまで仰向けなので妄想によっては『要注意』患者もいます。


あってはならない患者の妄想が暴走する危険性もあると言うマニュアルには注意書きされています。

その究極になってしまった場合は医者が看護婦に『チェンジ』と言った専門用語を発します。

チェンジ後の看護婦はあくまで規定通り年齢60以上ドラえもんサイズの女性もしくはそれ以上の得意体質の持ち主に登場してもらうしかありません。


ここまで妄想する患者は何人くらいいるでしょうか…

歯医者こそが究極の癒しの場になる事は間違いございません。


歯医者嫌いのあなた!

是非トライしてみて下さい。


あっ一言言っておきますが『チェンジ』はあくまで先生しか使えませんので先生に目で訴えて下さいね。



歯医者万歳(笑)
[PR]
by nihon-daira | 2006-09-06 12:23


<< 残暑残暑ってうるさい!! 祝ブログ開設(挨拶編) >>